イギリス・DENTS(デンツ)の皮手袋を新調しました。





革手袋を新調しました。

北風も強くなってきましたので、そろそろ出番です。


皮革物出番前には一通りのお手入れを。

おろす前、というのがとっても大切です!

これをしておくと、艶やかで、しっとりを長~くキープできます。

しかも汚れも付きにくくなるので、いつも気持ちよく使えるようになるのです。

 
皮手袋のおていれの仕方


まずは皮革の栄養クリーム、M.MOWBRAY M.モゥブレイデリケートクリームを、お肌の美容液を使うように塗布。

全体になじんだら、柔らかな布で吹き上げて、ちょっとお休み後、今度はクリームをなじませます。

クリームは気温が低いと伸びが悪いので、室温で。つけすぎないように注意です。

基礎化粧品の美容液とクリームの使い方と一緒です。
心地よく感じる塗り方で。

仕上げはブラシで縫目に入った余分なクリームを刷き出すようにやさしくブラッシング。

次はグローブの柔らかなネル生地で、拭って、艶出し。

お手入れはこれで終了です。

一晩ぐらい寝かせたら、使用開始です。


さて、お手入れの頻度はどのぐらい?

手袋はとても働きものです。雨風雪の日など過酷な条件の時ほどありがたい。

雨風雪の日に使用したら、革をかわかしたら、すぐのお手入れです。

通常のお手入れは、少なくとも1か月単位ぐらいで。

革の表面の艶の具合が元気ないなと感じたら時はいつでもお手入れ。

クリームを塗って、拭き上げるだけ。とても簡単です。

シーズンオフ。しまう前にも是非お手入れしてくださいね。


天然皮革の美しさをいつまでもキープするのは、意外と手間ではありません。

今使っている皮革物、ちょっとこの2つでお手入れしてみてください。

柔らか、しっとりいたします。


この2つのクリームでのお手入れは 手袋はもちろん、お財布や革ジャンなどお洋服、靴やソファーなどなど、皮革製品に広く使えるので、常備しておくと大変重宝です。



長く使うほどに味の出る皮革製品。

職人の手から私のところへ縁あって届いた物たち。

お手入れしながら大切に使い続けたいと思います。


皮革製品のお手入れクリーム
M.モゥブレイのデリケートクリーム  Made in ITALY