CIRE TRUDON

シールトゥルードン 

FRANCE 

【正規販売店】

 

1643年パリで創業の
世界でも最も古いロウ製品のメーカー。




パリ6区の中心
サン・シュルピス教会Ealise Saint-Sulpice の
傍らにその店はあります。

以来植物由来成分を用いた
伝統的な製法を厳格に守り続け、
現在もなお職人の勘と技によって
すべて手作業で作りだされています。 

CIRE TRUDONはその300年の歴史の中で
ルイ14世に愛され、
王室、ベルサイユ宮殿や多くのフランスの教会に
キャンドルを供給して来ました。
Saint-Roch chaurchには1643年以来、
現在も変わらずそのキャンドルが灯っています。

そしてまた同様に、
HERMESエルメス、CARTIERカルティエ、
GUERLAINゲラン、DIORディオールなど、
名立たるグラン・メゾンや
ハイグレードレストランに
今なお支持されています。
 


 

CIRE TRUDON アロマキャンドル一覧→


1643年パリで創業の、
世界最古のロウ製品メーカーのアロマキャンドル

当店BELA VISTAsince1989はCIRE TRUDONの正規販売店です




100%植物由来の成分です。
煤や煙が出ず、お部屋を汚しません。
 
パラフィンフリー、石油由来成分、鉱物、重金属、
アルコールや有害物質を一切含みません。

蒸溜されたエッセンシャルオイルで香りづけ。
Astier de Villatte
(アスティエドヴィラット)に考案された
イタリア製手吹きガラスを器に使用しています。 



 
Maison de Cire Trudon の香りは
数々の歴史にインスパイアされた高貴な香りです
 
  

太古の時代から壮麗な洗練へ
 

華やかな帝国からパリのベルエポックへ
 

画家たちの東洋への憧れから

シュールレアリストの気晴らし、

そして現代に至るまで

 

Maison de cire Trudonの香りは、

a la francaise"
 
歴史の品位と歓喜、

そして英知を堪能していただけます。

 


● 
それぞれの香りのイメージを視覚化したアイコンを
香り選択の道しるべとしてお役立てください
● 

   





 


 


【キャンドルの特徴】

100%植物由来の成分からできています。

植物性の蝋はどのような芳香成分とも混和することができ、長く、かつ完璧に燃焼するよう独自の調合がなされています。

100%天然素材から作られたこの蝋は、身体に全く無害であり、また芳香拡散に対する優れた耐性も認められています。

今日の研究ではある種の蝋の使用は有害であることが力説されていますが、シール トゥルードンの提供するキャンドルはパラフィンフリー、石油由来の鉱物は全く含んでいません。

独自製法による蝋は ヤシ油、米、大豆とコプラ(ヤシ油の原料)から出来ています。
キャンドルの芯はコットンを編んだものです。

蒸溜されたエッセンシャルオイルで香りづけされています。
これらすべての天然成分は身体に無害なものばかりです。

GreenPeaceによるOSPAR(オスロパリ条約)の有害物質リストに含まれる物質は一切含んでいません。

また、重金属、アレルゲン、殺菌剤などの成分も含んでいません。

Biodegradable(生物分解性)に優れた原料のみを使用し、環境に配慮しています。

 
 

【燃焼時間】270g/9.50oz of natural wax 

55-65 時間 通常のキャンドルを燃やすとグラスの内壁にはパラフィンと混じった蝋の跡が残りますが、トゥルードンのキャンドルは純粋なバーニングマーク(蝋の跡)のみが残ります。天然素材で作られている証しです。

 
 

【容器】直径9cm 高さ10.5cm

グラス 深い色合いの、イレギュラなガラス容器はAstier Villatte(アスティエド ヴィラッド)によって考案されたものです。
全てイタリアのヴィンチ村の熟練工の手による手吹きのガラスのです。
これらの貴重な吹きガラスは数々の歴史にインスパイアされた高貴なシールトゥルードンの香りを保護すると同時に良く拡散させるのです。
独特なキャンドルのひとつひとつが、デザイナー、ラムダン・トゥアミが心に描いたシールトゥルードンの精巧な香りの世界を広げます。

 
 

【アロマキャンドルの良さを最大限にいかして
 心地よく安全にご使用いただくために】

 

1. 初回の点灯は2-3時間をおすすめします。目安ととしては、ロウ上部がすべて液体になるまでです。
表面全体を液化させないと、芯の周りだけ穴があいたようになり、その外側が溶け残ってしまう恐れがあります。

2. 炎を消す際は、火のついた芯をロウに沈めてください。
炎に生きを吹きかけて火を消さないでください。


3. 炎を消した後は、芯を中央の位置に戻し整えてください。

4.2回目以降、火を灯す前に芯を5から6ミリ程度に整えてお使いください。 
ゆっくりとした燃焼と柔らかな香りの広がりをお楽しみいただけます。

5. ロウを最後まで燃焼させると、ガラス容器が破損する恐れがございます。
ロウの残りが底から2から3cmになったらご使用をおやめ下さい。  

6  火を灯したキャンドルを木製や表面の冷たいガラスや大理石などに
直接置いてのご使用はお控えください。   
熱くなったキャンドルが底の冷たい素材と接触すると、ガラスが割れる可能性がございます。

7.キャンドルご使用中は側を離れず、目の届くところにおいてお使いください。
カーテンなど燃えやすいものの近くでのご使用、お子様やペットの側でのご使用はお避け下さい。
  
  十分に安全を守って、CIRE TRUDONの香りをお楽しみください 。


 



 

CIRE TRUDON アロマキャンドル一覧→


1643年パリで創業の、
世界最古のロウ製品メーカーのアロマキャンドル